島田秀平の無料手相占い☆生命線

生命線・知能線

生命線

生命線というのは、手相三大線の中のひとつです。

 

体力や生命力を表す線として知られていますが、その線の長さによってその人の持つ生命力を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

生命線というのは、長さだけでなく線の濃薄によっても判断することが出来ます。
長いから長生きできるというわけではなく、その人の持っている生命力の強弱を知ることが出来ます。

 

生命線に異常が現れる場合には、実際の健康上にも何か問題が起こっている可能性があります。
健康を知る為にも、常に生命線のチェックを行っておくようにしましょう。

 

異常の生じている箇所によっては、これから起こる病気やケガを予測することも可能です。
だからこそ、常に生命線をチェックしておくことが大切なのです。

 

生命線は、健康のバロメーターでもあるのです。
生命線というのは親指の付け根にある線で、生命線が短いからといって短命ではないので注意するようにしてください。

スポンサーリンク

 

知能線

知能線は、手相三大線の中のひとつです。

 

手のひらの中央を、横に流れる線です。
知能線から先が分岐しているようであれば、これからの才能の開花を表しています。

 

分岐している部分で年齢を読むことが出来るので、才能が開花する時期がわかります。
知能線というのは、別名頭脳線とも呼ばれています。

 

頭の良さや才能を表す線であり、もしも生命線が短くても知能線が良好であれば長生きすることが出来ます。
知能線の末端が上に向いているか、下に向いているかによっても見方が異なります。

 

もしも知能線の末端が上を向いているようであれば、現実主義といっても過言ではありません。
反対に末端が下を向いているようであれば、精神的な傾向があるということを表しています。

 

もしも知能線に何らかの異常が生じた場合には、頭部に関わる異常がある場合があります。
例えば、脳卒中や頭部のケガといいたようなことです。
気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

全ての手相一覧表はこちら