無料占い★島田秀平の手相占い

クロス線・グリル線

クロス線

クロスというのは、様々な線の上に出来る×のような線のことを言います。
まさに線がクロスしている状態で、あまり良い手相とは言えません。

 

島に次いで、悪い手相であるといえるでしょう。
クロスは、外部からくる思いがけないトラブルを表しています。

 

自分にはなにもなくても、外部からくるトラブルをなかなか避けることは難しいものです。
ですが、心構えがあることで随分と気持ちも楽になることでしょう。
スポンサーリンク

魔のマークであるクロスが現れたら、注意するようにしましょう。
1cm程度の×印なので、出来たらすぐにわかると思います。

 

手相のチェックだけは、忘れないようにしましょうね。

 

グリル線

グリルというのは、鉄板の網のようになっている線を言います。
縦や横に数本の短い線が集まったもので、どの部分に出ているかによって意味が異なります。

 

グリルがあると、その部分の意味合いを弱めてしまいます。
これは良いことも悪いことも同じで、全てが弱まってしまうのです。

 

ですから、グリルが出ている部分の意味をきちんと理解することが大切です。
誤った解釈をしてしまうと、全く違う意味合いになってしまうからです。

 

グリルが出たら、あわてずにじっくりと手相を観察するようにしましょう。
悪いことが弱まる良い手相なのかもしれませんからね。
スポンサーリンク

全ての手相一覧表はこちら